3年以内に月給超えの副収入を目指す

1日100円でシステムトレード

新聞解約後4カ月も引落継続

2019/08/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サラリーマンエンジニアです。平成31年4月1日から1日当たり100円を FX口座に積立てて令和元年の初日から自作プログラムによるシステムトレードをしています。 プログラミングを基礎から学習しつつ効率的な自動売買ロジックを考えて、副収入で月給を超えることを目標にコツコツ頑張ります。

妻が4月から日経新聞をやめたのにクレジットカードの明細から未だに毎月4900円引き落としされていると指摘があり、販売店に連絡をしました。最初は日経ダブルプランを契約していて紙面だけの解約でないかと言われました。

紙面、電子版のどちらか1つでは4900円だが、+1000円で両方契約できるというのがダブルプランです。

幸い3月以前の明細がのこっており、それであるなら3月以前の金額は5900円であるべきと反論して、返金の対応に応じてもらえました。4900円x4ケ月=19600円でした。

実際は3月末に販売店に電話して、4月から新聞をやめる旨を伝えて、了承されていたのだが、日経本社のサイトでオンラインで解約手続きをしなければならなかったことが判明。ログインして確認したところ、確かに契約したままであった。販売店の言い分は我々は日経本社から配達してくれと言われたところに配達しているだけで、契約状況は把握していないとのこと。確かに販売店は読売新聞の販売店なので内部事情があったのかもしれないが、販売店から日経本社への契約解除手続きはできない事はわかるが、電話で解約(配達終了)を伝えた際にオンライン解約手続きの案内をしてもらいたかった。

解約アンケートに、今回の出来事を書いた。

反省点として、何かサービスの解約時は通常窓口と契約窓口どちらで手続きが必要か把握して、確実に解約すること、クレジットカードの明細書は都度確認し、疑問点はすぐに調べて解決すること、が言える。

他にも使用していないサービスの契約が継続していれば解約手続きしようと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
サラリーマンエンジニアです。平成31年4月1日から1日当たり100円を FX口座に積立てて令和元年の初日から自作プログラムによるシステムトレードをしています。 プログラミングを基礎から学習しつつ効率的な自動売買ロジックを考えて、副収入で月給を超えることを目標にコツコツ頑張ります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 1日100円でシステムトレード , 2019 All Rights Reserved.